佐倉草ぶえの丘バラ園様より復旧のお便り!

今年10月に延期になったGA校友会主催の「バラ園研修」旅行のひとつである「佐倉草ぶえの丘バラ園」様より復旧のお便りが届きました。当バラ園は、2019年9月9日に台風15号で甚大な被害を受けました。園内のアーチやパーゴラなどの構造物が倒され、バラも傷つけられました。当バラ園は佐倉市が所有し、NPOバラ文化研究所が管理していますが、佐倉市は全域で著しく被災しており、バラ園復旧の資金は市には期待できません。しかしバラ園再建のために、緊急の支援が必要ですとの事で、私達GA仲間はバラ園復旧の願いを込めてそれぞれ寄付を行いました。その御礼としての復旧状況のお便りです。


《佐倉草ぶえの丘バラ園復旧にご支援くださった皆様へ》

 皆様、いかがお過ごしでしょうか。昨年末、バラ園復旧の経過報告を差し上げたときには、春がこのような形でやってくるとは…。昨年9月の台風で倒壊したバラ園のスクリーンやゲート、アーチ等の復旧はほとんど完了しました。ボランティアさんたちの大活躍で、草取りもばっちり。ロサ・バンクシアエ・ノルマーリスや ‘リージャン・ロード・クライマー’、‘イエロー・ティー’ など早咲きのバラがもう花盛りです。

 しかし残念ながら新型コロナウイルス感染拡大防止のために4月7日(火)から休園、今のところ5月末までは引き続き休園することが決まっています。皆様のお力添えで復旧できたバラ園の姿をぜひともご覧いただきたかったのですが、本当に残念です。

 最近のバラ園の写真を添付します。1枚は ‘リージャン・ロード・クライマー’ が咲き始めたバラ園入り口の大アーチ。

はオールドローズガーデンの芝生の修復されたステージ、最後の1枚は4月14日(火)の強風で倒れてしまったホワイト&ピンクコーナーの ‘フォーチュニアーナ’ と ‘キューピッド’ のアーチをみんなで引っぱり起こしている写真です。

じつはこのとき、中国のバラコーナーの四阿では巨大なキモッコウが滑り落ちる

という大事件も発生。思いがけないことが時折ありますが、バラ園には今、暖かな日差しとたっぷりの水で、無数のバラのつぼみがふくらむ気配が満ちています。

草ぶえの丘バラ園開花情報はこちらをご覧ください↓

http://kusabuekaika.jugem.jp/

一日も早く平和な日常を取り戻せますように、心から祈っています。

皆様どうぞお元気でお過ごしください。

感謝を込めて

佐倉草ぶえの丘バラ園・NPOバラ文化研究所一同


閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示