top of page

GAバラ研究会『接ぎ木講習』結果、成功率75%でした!

GAバラ研究会では1月12日「バラ接ぎ木講習」を行いました。各自2鉢づつ家で育成、2ヶ月がたちましたので、アンケートを取らせて頂きました。その結果、接ぎ木成功率「75%」となりました!参加者の皆さまからは、「王朝とマチルダ2本共 元気に芽が出ました 嬉しいです!」「2つとも芽がすくすくと育ていたのに鉢あげしたら一本は、枯れてしまいました。鉢あげが早すぎたようです。」等の声が届きました。講師の高橋和彦先生からは「接ぎ木成功率75%とのこと、良かったです。私も嬉しく思います。皆様の気持ちがバラに通じたのでしょう。自分で接いだ苗木がすくすくと育って、きれいな花を咲かせたときは、感動的です。接ぎ木を経験していて思うのは、ビニールを破るタイミング、外すタイミングのように思います。早すぎると芽が枯れてしまいます。遅すぎるとカビのボトリチス病が発生します(殺菌剤を散布すれば大丈夫です)。皆さんはこのタイミングが的確だったのでしょう。来年はもっと活着率が向上すると思います。」とのコメントを頂きました。来年はもっと向上するよう、頑張りましょう!




閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page