35期内田さん彫刻で見事受賞されました!

35期内田昌成さんが

全国から彫刻家達が集う歴史ある公募団体創型会主催で、

2022年5月20日~27日東京都美術館で開催された

第68回創型展で、見事「選賞」を受賞されました。

長年彫刻に打ち込まれ、その成果が見事開花しました。

誠におめでとう御座います!

≪ご本人の寄稿文です≫

私は、1941年11月に東京で生を受け、昨年80歳を無事に迎えることが出来ました。

80年を振り返りますと、若き日にはアメリカ留学や第22回国民体育大会にソフトボールで出場し優勝もしました。その後家庭を持ち仕事に打ち込んだ日々を過ごし、

60歳頃からは趣味の領域を広め仏像彫刻、農大入学、庭園の手入れ、絵画にも挑戦してきました。

65歳を過ぎてからは胃癌・膵臓癌と2回の手術を受けましたが出来る範囲で趣味も継続することが出来ました。

そしてこの度、仏像彫刻で第68回創型展に出展させていただくことが出来、更には選賞という賞までいただくこことができました。

これからも健康に気をつけながら、創作活動も続けていきたいと思います。

                               内田 昌成





閲覧数:126回0件のコメント

最新記事

すべて表示