top of page

高橋先生からバラ接ぎ木後の管理について

GAバラ研究会「接ぎ木講習」後、皆さまの接ぎ木バラは如何でしょうか?我が家のバラは鉢植えですくすく育っております。ただ写真のような害虫に葉っぱをかじられてました。



講師の高橋和彦先生より、接ぎ木後の管理に関してお便りがありました。実践下さい。

接ぎ木後の管理について、6月頃までは次のような手入れをしてみてはどうでしょうか。

鉢に緩効性の肥料を施肥し、戸外で栽培する(水やりを欠かさない)。

場合によっては、一回り大きな鉢に植え替える。

花は咲かせずに摘み取る。

花を見たい場合は、開花した花を切り取って観賞する。

秋までは花を咲かせず(あるいは開花後の花を切り取り)、株を充実させる。

庭に植え付ける場合は、植え穴に元肥を入れ、5月末までに植え付ける。(半日以上日の当たる場所がよい)

その際、活着を促すために、一週間程度は毎日バケツ1杯程度の水をたっぷりと与える。

とりあえず、以上です。

また、機会がありましたら、お話ししたいと思います。

閲覧数:136回0件のコメント
bottom of page